Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

ストーリー&サイト

OUV 世界遺産としての価値

概要

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、西洋から非西洋への産業化の波及を顕す遺産群により構成されている。19世紀半ばから20世紀の初頭にかけて、日本は工業立国の土台を築き、重工業(製鉄・製鋼、造船、石炭産業)分野において、急速な産業化を成し遂げた。産業化の歩みは、蘭書片手に試行錯誤での鉄製大砲鋳造への挑戦や、洋式船の模倣から始まった

歴史的背景

Samurai Encounter

揺籃期 ものづくりの心と志

侍(さむらい)の科学への挑戦は1840年からの阿片戦争に遡る。この戦争で師と仰ぐ東洋の大国清がヨーロッパの島国に負けた衝撃から始まった。「煙をあげて走る蒸気船と遠くからでも撃てる大砲を持っている。中国でも勝てない相手なら日本はひとたまりもない」。鎖国政策の下、遠洋に出る大型船や武器の製造は厳しく監視されていた...

3つの産業における発展段階 (1850s to 1910)

一連の遺産群は造船、製鉄・製鋼、石炭と重工業分野において1850年代から1910年の半世紀で西洋の技術が移転され、実践と応用を経て産業システムとして構築される産業国家形成への道程を時系列に沿って証言している。

試行錯誤の挑戦
西洋技術の直接導入
産業革命完成期
製鉄・製鋼
造船
石炭産業
鹿児島 韮山 釜石 萩 鹿児島 佐賀 長崎 長崎 長崎 三池 八幡 長崎 長崎 三池

ロケーション

萩
鹿児島
韮山
釜石
佐賀
長崎
三池
八幡