Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

韮山反射炉

  • 韮山反射炉
  • 韮山反射炉
  • 韮山反射炉の断面図
  • 反射炉内部。現地生産の耐火煉瓦が使われました。銑鉄の挿入口から湯だし口方向の眺め。
  • 韮山古川。韮山反射炉敷地内で行われていた大砲製造の際,砲身に穴をあけるための水力動力源となりました。現在も同じ位置を流れています。
  • 蘭学に通じた幕府の韮山代官、江川英龍は、西洋砲術の導入、鉄製洋式砲の生産、台場の設置、洋式船による海軍の創設など、一連の海防政策を幕府に建言しました。このうち、鉄製砲を鋳造するために必要な溶解炉が反射炉です。韮山反射炉は、1853年のペリー来航を受けて、幕府直営の反射炉として築造が決定されました。
韮山反射炉 韮山反射炉 韮山反射炉の断面図 反射炉内部。現地生産の耐火煉瓦が使われました。銑鉄の挿入口から湯だし口方向の眺め。 韮山古川。韮山反射炉敷地内で行われていた大砲製造の際,砲身に穴をあけるための水力動力源となりました。現在も同じ位置を流れています。 蘭学に通じた幕府の韮山代官、江川英龍は、西洋砲術の導入、鉄製洋式砲の生産、台場の設置、洋式船による海軍の創設など、一連の海防政策を幕府に建言しました。このうち、鉄製砲を鋳造するために必要な溶解炉が反射炉です。韮山反射炉は、1853年のペリー来航を受けて、幕府直営の反射炉として築造が決定されました。

幕末、海防の危機感から大砲建造のため全国各地に建設された反射炉の中で、現存する三つの反射炉の一つ(他に鹿児島、萩)。アメリカ合衆国東インド艦隊の浦賀来航(1853)に呼応し、幕府の韮山代官江川英龍の具申により反射炉建設が決定。オランダ陸軍のヒュゲニン少将著書の鉄製大砲鋳造のための書物「ルイク国立鋳造所における鋳造法」を片手に、息子の江川英敏が築造を進め、佐賀藩の技師田代孫三郎・杉谷雍助以下11名の技術協力を得て、1857年に完成した。反射炉本体は連双式2基4炉からなり、石製の基礎上に築かれている。炉の内部は耐火煉瓦のアーチ積み構造で、4つの炉を同時に稼働させ、溶解した金属を1箇所に流し込むことができるよう、直角の配置となっている。築造にあたっては、日本の伝統技術が援用されたほか、先行していた佐賀藩との技術交流も重要な役割を果たした。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
韮山反射炉
文化財指定: 国指定史跡
準用河川
景観重点整備地区
所在地: 〒410-2113 静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268
Tel: 055-949-3450(韮山反射炉 管理事務所) ※FAX共用
FAX 055-949-3450
入館料 一般:100円、小中学生:50円
開館時間 : 9時~16時30分
休館日 : 12月31日、1月1日
アクセス
  • 東名高速沼津インターから国道136号下田方面へ約30分
  • 伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅から徒歩約20分、タクシー約5分
駐車場 有(バス5台 乗用車100台)
関連サイト 伊豆の国市ホームページ内、国指定史跡韮山反射炉