Top
明治日本の産業革命遺産
  • App Downloads
  • Google Cultural Institute
JAPANESE  ENGLISH

三菱長崎造船所

三菱長崎造船所 第三船渠(1905)/ジャイアント・カンチレバークレーン(1909)/旧木型場(1898)/占勝閣(1904)

  • 旧木型場(現:長崎造船所史料館)
  • 三菱長崎造船所の第三船渠は、1901-1905年に建設されました。
  • 三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン。基礎部はコンクリートで作られており、12.2メートル四方の大きさです。
  • 三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン。
  • 三菱長崎造船所占勝閣
旧木型場(現:長崎造船所史料館) 三菱長崎造船所の第三船渠は、1901-1905年に建設されました。 三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン。基礎部はコンクリートで作られており、12.2メートル四方の大きさです。 三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン。 三菱長崎造船所占勝閣

第三船渠(1905年)、ジャイアント・カンチレバークレーン(1909年)、旧木型場(1898年)、占勝閣(1904年)、これら4つの構成資産は三菱長崎造船所の敷地内に位置している。4つの構成資産は全て、長崎造船所の造船能力の急激な拡大を目的に、その施設が大幅に拡張された明治後期に建設された。それらは、1896年の造船奨励法の施行による大型船建造促進などの外的要因もあったが、1897年の造船所内発電所の建設、1904年の蒸気タービンの技術導入など数多くの企業内部の重要な意思決定によってもたらされた。

三菱長崎造船所 第三船渠(一般非公開)

三菱長崎造船所 第三船渠(一般非公開)

三菱合資会社時代の1905年に竣工した乾船渠(ドライドック)。入り江の地形を利用し、背後の崖を切り崩し、前面の海を埋立て建設された。開渠時に設置された英国製の電気モーターと排水ポンプは現在も稼働し、ドライドックの機能を維持している。建設後に拡張を行っているものの、当時の姿を留めている。

三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン(一般非公開)

三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン(一般非公開)

三菱合資会社時代の1909年に竣工した電動クレーン。造船所の工場設備電化に伴い、同型としては日本で初めて建設された。英国アップルビー社製造。電気モーターで駆動される当時最新のクレーン。タービンやボイラーなど大型機械の船舶への搭載と修理のための陸揚げに使用するため建設。現在も当時の最大吊り上げ能力を保っており、火力発電用蒸気タービンや大型舶用プロペラの出荷などに使用されている。

三菱長崎造船所 旧木型場(現:長崎造船所史料館)

三菱長崎造船所 旧木型場(現:長崎造船所史料館)

三菱合資会社時代の1898年に竣工した木型製作工場。鋳物製品の需要増大に対応して建設され、鋳型製造のための木型を製作した。木骨煉瓦造二階建てで、主な構造は現在も当時のままである。1985年、史料館として改装され、長崎造船所の歴史を紹介する展示施設として一般公開(予約制)されている。

三菱長崎造船所 占勝閣(一般非公開)

三菱長崎造船所 占勝閣(一般非公開)

三菱合資会社時代の1904年に竣工した迎賓館。第三船渠を見下ろす丘上に建設された木造二階建て洋館。長崎造船所長の荘田平五郎の邸宅として完成したが、所長宅としては使用されず、迎賓館となった。1905年、軍艦「千代田」艦長の東伏見宮依仁親王殿下が宿泊された後に「風光景勝を占める」という意味で占勝閣と命名された。設計者の曾禰達蔵は英国人建築家ジョサイア・コンドルの弟子。現在も船舶の進水式・引渡式の祝賀会、貴賓の接待等に使用されている。

写真提供:三菱重工業(株)長崎造船所
許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
三菱長崎造船所史料館
文化財指定: 景観重要建造物
所在地: 〒850-8610 長崎県長崎市飽の浦町1番1号
見学申込: 希望者は前日までに下記の電話番号に予約をしてください。
三菱重工業(株)長崎造船所 史料館
Tel: 095-828-4134
Fax: 095-828-4124
施設維持管理費: 大人(高校生以上)800円 小・中学生400円 未就学児 無料 ※障害者 無料
開館時間: 9時~16時30分
休館日: 第2土曜日、12/29~1/4、電気設備点検日(未定)
アクセス: 最寄駅:JR長崎駅
  • 長崎駅前から史料館専用シャトルバスを運行しておりますので前日までに予約の上、乗車いただき史料館へお越しください。
駐車場: 長崎駅周辺の有料駐車場をご利用ください。
関連サイト: 三菱重工業(株)ホームページ[長崎造船所 史料館]
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。