Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

OUV:世界遺産としての価値

Executive Summary:概要

テクノロジーは日本の魂

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、西洋から非西洋への産業化の波及を顕す遺産群により構成されている。19世紀半ばから20世紀の初頭にかけて、日本は工業立国の土台を築き、重工業(製鉄・製鋼、造船、石炭産業)分野において、急速な産業化を成し遂げた。産業化の歩みは、蘭書片手に試行錯誤での鉄製大砲鋳造への挑戦や、洋式船の模倣から始まった。次に、西洋技術を導入し、その運用により専門知識を習得した。明治の後期には、国内に人材が育成され、積極的に導入した西洋技術を、国内需要や社会的伝統に適合するように改善、改良を加え、産業化に応用した。日本は、非西洋諸国で初めて産業革命の波を受容し、植民地になることなく50年余りで、自らの手で産業化を成就した。「明治日本の産業革命遺産」は、世界史におけるたぐい稀な産業化の局面を証言する遺産群である。

23の構成資産

エリア サイト 構成資産
萩の産業化初期の遺産群
鹿児島 旧集成館
韮山 韮山反射炉 韮山反射炉
釜石 橋野鉄鉱山 橋野鉄鉱山
佐賀 三重津海軍所跡 三重津海軍所跡
長崎 長崎造船所
高島炭坑
旧グラバー住宅 旧グラバー住宅
三池 三池炭鉱と三池港 三池炭鉱三池港
三角西港 三角西港
八幡 官営八幡製鐵所