Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

小菅修船場跡

  • 小菅修船場跡は、明治元年12月(1869年1月)に竣工した日本初の蒸気機関を動力とする船の修理を行う船台です。
  • 小菅修船場跡
  • 小菅修船場跡の曳き揚げ小屋。日本で現存する最も古いレンガ造りの建造物です。スコットランドで製造された蒸気機関の曳き揚げ機械が設置されています。設備はグラバーが輸入し、1869年に設置されました。
  • 曳揚げ機小屋は,こんにゃく煉瓦と呼ばれる長崎で焼かれたオランダ様式の煉瓦で建てられています。
  • 小菅修船場は、長崎港に立地し,小菅町の入り江に建設されました。当時グラバーが住んでいた外国人居留区から1キロ南西にあたります。小菅修船場は日本で最初の蒸気機関で稼働した西洋式スリップドックで、1869年に完成しました。
小菅修船場跡は、明治元年12月(1869年1月)に竣工した日本初の蒸気機関を動力とする船の修理を行う船台です。 小菅修船場跡 小菅修船場跡の曳き揚げ小屋。日本で現存する最も古いレンガ造りの建造物です。スコットランドで製造された蒸気機関の曳き揚げ機械が設置されています。設備はグラバーが輸入し、1869年に設置されました。 曳揚げ機小屋は,こんにゃく煉瓦と呼ばれる長崎で焼かれたオランダ様式の煉瓦で建てられています。 小菅修船場は、長崎港に立地し,小菅町の入り江に建設されました。当時グラバーが住んでいた外国人居留区から1キロ南西にあたります。小菅修船場は日本で最初の蒸気機関で稼働した西洋式スリップドックで、1869年に完成しました。

英国から帰国した薩摩藩士五代才助が同藩小松帯刀、英国スコットランド出身商人トーマス・ブレーク・グラバーらと共同出資で1869年に建設した船舶修理施設。日本初の蒸気機関を動力とする曳揚げ装置を装備した洋式船台。幕末、諸藩は外国系商社を介して洋船を購入したが、中古船が多く故障が絶えなかった。しかし日本には十分な修理施設がなく、上海に回航し修理をすることが多かったため、修理の需要が多い貿易港の長崎に入り江の地形を利用して修船場を建設した。同年、明治政府が買収し、1887年に三菱の所有になった。船を曵き揚げるための船を載せる台(船架。現存しない)がソロバン状に見えたため、通称ソロバンドックの名で親しまれている。曳揚げ装置を格納する小屋は現存する日本最古の本格的煉瓦造建築。扁平な煉瓦は、その形状からこんにゃく煉瓦と呼ばれている。曳揚げ装置一式はグラバーが英国スコットランドから購入した。船を船架に乗せ、曳揚げ装置により曵き揚げ、船底部も含めて修理し、終了後は海に滑り下ろした。船の大型化や立神造船工場の本格稼働などにより、その主な役割を小型船舶の修理へと変え、その後1953年に閉鎖された。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
小菅修船場跡
文化財指定: 国指定史跡
所在地: 〒850-0934 長崎県長崎市小菅町
Tel: 095-829-1314(長崎市観光推進課)
Fax: 095-829-1232(長崎市観光推進課)
入館料: 無料
開館時間: 常時公開(曳揚げ小屋内部は非公開)
休館日: 年中無休
アクセス: JR長崎駅から長崎バス(野母半島方面(戸町経由)乗車)15分、小菅町下車、徒歩5分
駐車場: なし
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。