Top
明治日本の産業革命遺産
  • App Downloads
  • Google Cultural Institute
JAPANESE  ENGLISH

橋野鉄鉱山

  • 橋野鉄鉱山の三番高炉で1858年に建設され,操業に成功しました。1864年以降改修され、1894年に橋野高炉が操業をおえるまで稼働しました。
  • 一番高炉跡。1860年に建設された試験炉で1871年に廃炉になりました。花崗閃緑岩を加工し2.4メートルの高さの石組の遺跡です。橋野高炉の山神社の東側の斜面にある小さな石切り場から切り出されました。
  • 橋野三番高炉の航空写真。最初の試験炉で1858年に建設されましたが、1864年に改修されました。
  • 1860 年代に書かれた「紙本両鉄鉱山御山内並高炉之図」。当絵巻は橋野鉄鉱山の見取り図で,原料採掘,製鉄,船舶への積み込みまでの作業工程を完全に示しています。
  • 大島高任(1826 年-1901 年),「日本近代製鉄の父」
  • ドイツの地質学者H.E ナウマン(1854 年-1927 年)によって1886年に作成された地質図。ナウマンは1875 年に明治政府に雇われ,明治期における「日本地質学の父」として知られています。当地質図は,釜石エリアに磁鉄鉱が豊富に埋蔵されていることを示しています。
橋野鉄鉱山の三番高炉で1858年に建設され,操業に成功しました。1864年以降改修され、1894年に橋野高炉が操業をおえるまで稼働しました。 一番高炉跡。1860年に建設された試験炉で1871年に廃炉になりました。花崗閃緑岩を加工し2.4メートルの高さの石組の遺跡です。橋野高炉の山神社の東側の斜面にある小さな石切り場から切り出されました。 橋野三番高炉の航空写真。最初の試験炉で1858年に建設されましたが、1864年に改修されました。 1860 年代に書かれた「紙本両鉄鉱山御山内並高炉之図」。当絵巻は橋野鉄鉱山の見取り図で,原料採掘,製鉄,船舶への積み込みまでの作業工程を完全に示しています。 大島高任(1826 年-1901 年),「日本近代製鉄の父」 ドイツの地質学者H.E ナウマン(1854 年-1927 年)によって1886年に作成された地質図。ナウマンは1875 年に明治政府に雇われ,明治期における「日本地質学の父」として知られています。当地質図は,釜石エリアに磁鉄鉱が豊富に埋蔵されていることを示しています。

幕末、西洋諸国の接近に触発され、オランダ陸軍のヒュゲーニン少将著の鉄製大砲鋳造のための書「ロイク国立鋳造所における鋳造法」を参考に、全国で反射炉と高炉が建設された。中でも橋野鉄鉱山(現釜石市橋野町青ノ木)はわが国に現存する日本最古の洋式高炉跡。全国各地で行われた試行錯誤の実験の内、成功し、明治日本の産業革命の完成段階である八幡につながっていく製鉄業発祥の地。
1858年、盛岡藩士大島高任は、岩手県釜石市の橋野に、同書の高炉の設計図を参考に、伝統的な施工技術で洋式高炉を建設。
大島は橋野鉄鉱山の鉄鉱石(磁鉄鉱)を原料に使い、高炉から溶けた鉄が流れだす連続操業に成功。鉄の大量生産を可能にする技術の礎が築かれた。大島の指導により1858年から1860年にかけて高炉3基が建設され、当時国内最大の鉄鉱山であった。磁鉄鉱の採掘場跡や採鉱された磁鉄鉱を牛や人力により運んだ運搬路跡、山から切り出した石を日本の施工技術で組み立てた高炉や水路、種焼き場などの生産関連施設、御日払所(事務所)や山神社などが残る高炉場跡と当時の産業システムが完全に残っている他、操業に欠かせない木炭を供給した森林景観も良好な状態で保存されている。高炉場は1894年操業を停止したが鉄鉱石の採掘はその後も継続した。
橋野鉄鉱山を代表とする釜石における洋式高炉群の成功により、明治政府は1874年の官営釜石製鉄所建設を決定。官営釜石ではイギリスの技術が導入され1880年に操業が始まるも、失敗に終わり、民営の釜石鉱山田中製鐵所に引き継がれ苦難の末、製鉄業を軌道に乗せる。その後、帝国大学工科大学野呂景義が官営時代の高炉を改修し、コークス高炉の製鉄に成功をおさめる。その実績は官営八幡製鉄所の建設機運につながるとともに、建設に際しては、釜石から八幡に技師や職工も派遣され、その成功に貢献した。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
橋野鉄鉱山
文化財指定: 国指定史跡
所在地: 岩手県釜石市橋野町第2地割15
Tel: 釜石市総務企画部 世界遺産登録推進室
TEL:0193-22-8846
釜石市教育委員会事務局生涯学習文化課
TEL:0193-22-8835 
入場料 無料
開場時間 橋野高炉跡のみ常時公開。
採掘場と運搬路の公開はしていません。
休館日 年中無休(冬季は降雪のため見学が困難です)
アクセス
  • JR釜石駅より車で50分
  • JR遠野駅より車で35分
駐車場 史跡手前駐車場:普通車8台(障がい者用含む)
橋野鉄鉱山インフォメーションセンター駐車場(徒歩2分):普通車86台、大型車9台
関連サイト 釜石市ホームページ
※刊行物欄では橋野高炉跡パンフレットや市内近代産業遺産群について公開しています。