Top
明治日本の産業革命遺産
  • App Downloads
  • Google Cultural Institute
JAPANESE  ENGLISH

三角西港

  • 丸みのある輪郭の埠頭と水路は,オランダ人技術者により,日本で初めてこの地に導入されたものです。
  • 三角西(旧)港の埠頭。
  • 1881年、オランダ人技師、ムルドルは三角の地に新しい港と町を築くことを進言しました。居住区は背後の山を切り開いて作り、海を埋め立てて海に面した波止場を有する産業エリアを造成しました。三角西(旧)港は、現在でもきちんと残っており、建造物自体だけでなく、形状や背景までも当時のまま保たれています。
  • ローウェンホルスト・ムルドル(左)と富岡敬明熊本県知事(右)
丸みのある輪郭の埠頭と水路は,オランダ人技術者により,日本で初めてこの地に導入されたものです。 三角西(旧)港の埠頭。 1881年、オランダ人技師、ムルドルは三角の地に新しい港と町を築くことを進言しました。居住区は背後の山を切り開いて作り、海を埋め立てて海に面した波止場を有する産業エリアを造成しました。三角西(旧)港は、現在でもきちんと残っており、建造物自体だけでなく、形状や背景までも当時のまま保たれています。 ローウェンホルスト・ムルドル(左)と富岡敬明熊本県知事(右)

明治政府の殖産興業政策の元、初めて手掛けた近代港湾築港事業で明治の三大築港の一つ(他港は宮城県野蒜港、福井県三国港だが現在当時の港湾施設が残るのは三角西港のみ)。国の直轄事業として1884年、総工費302,068円にて着工、熊本から三角までの道路建設と三角西(旧)築港工事、港湾都市整備を3年の歳月をかけて行い、1887年8月に開港。オランダ人水理工師ローエンホルスト・ムルドルの設計の元、熊本県令富岡敬明の指示で、グラバー邸や大浦天主堂を建設した小山秀率いる熊本県天草の御領、下浦の石工たちにより施工された。1889(明治22)年に国の特別輸出港(米、麦、麦粉、石炭、硫黄)に指定され、石炭の積出港として貯炭場を整備。1893年から9年間、三池炭の積み出し港だった口之津港(長崎県南島原市)の補助港として、三池港が開港するまでの一時期、三池炭は三角西港を経由し、中国上海へ輸出された。現在も、関連施設の遺構と築港当時の景観が残っている。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
三角西港
文化財指定: 国指定重要文化財
国重要文化的景観
所在地: 〒869-3207 熊本県宇城市三角町三角浦
Tel: 0964-32-1428(宇城市教育委員会 世界遺産推進室)
Fax: 0964-32-1137(宇城市教育委員会)
入館料: 無料
開館時間: 9:00~17:00
休館日: 以下の建物のみ火曜日は休館
龍驤館(ガイダンス室)、浦島屋、旧三角簡易裁判所、旧高田回漕店
アクセス: 松橋ICから車で50分、熊本市内から国道3号線を南へ、その後国道57号線を経由して西へ60分
JR三角駅で下車した場合
  • バス
    所要時間:約10分、料金:180円)
    産交バス三角営業所(TEL 0964-52-3135)で乗車。「三角西港前」で降車。
  • タクシー
    所要時間:約5分、料金:約900円
    三角タクシー(TEL 0964-52-2611)または、
    みなとタクシー(TEL 0964-52-2636)に乗車。
※三角駅構内の観光案内所(月曜定休。ただし、月曜が祝日の場合、その翌日。)もご利用ください。
駐車場: 約30台
関連サイト: 宇城市ホームページ
(トップページにある「三角西港MISUMI WEST PORT フォトギャラリー」をクリックして下さい。)
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。