Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

官営八幡製鐵所

  • 官営八幡製鐵所旧本事務所
  • 官営八幡製鐵所修繕工場
  • 官営八幡製鐵所旧鍛冶工場
  • 官営八幡製鐵所修繕工場。建設当初から設置されたクレーンが現在でも修繕作業に使用されています。
  • 1910年当時の官営八幡製鐵所修繕工場内部。
  • 第一高炉(後に東田第一高炉に改称)。官営八幡製鐵所は1901年2月に操業が開始されました。この写真は1900年4月に撮影されたもので、初代内閣総理大臣伊藤博文が高炉の正面にいます。彼は産業国家になるためには鉄鋼が欠かせないものであることを十分理解しており、総理大臣2期目に八幡の地に官営製鐵所の建築を開始したのです。
  • 1898年建設途中の官営八幡製鐵所。本事務所(中央左)、鍛冶工場(右)、第一高炉(左上)。
官営八幡製鐵所旧本事務所 官営八幡製鐵所修繕工場 官営八幡製鐵所旧鍛冶工場 官営八幡製鐵所修繕工場。建設当初から設置されたクレーンが現在でも修繕作業に使用されています。 1910年当時の官営八幡製鐵所修繕工場内部。 第一高炉(後に東田第一高炉に改称)。官営八幡製鐵所は1901年2月に操業が開始されました。この写真は1900年4月に撮影されたもので、初代内閣総理大臣伊藤博文が高炉の正面にいます。彼は産業国家になるためには鉄鋼が欠かせないものであることを十分理解しており、総理大臣2期目に八幡の地に官営製鐵所の建築を開始したのです。 1898年建設途中の官営八幡製鐵所。本事務所(中央左)、鍛冶工場(右)、第一高炉(左上)。

明治政府は、豊富な石炭が所在する筑豊エリアに近く、海に面したのどかな村であった八幡の地に官営製鐵所を建設することを決定した。日本が大型船や機械工場、鉄道を建造・建設する能力を獲得するに伴い、鋼材の輸入量が急激に増加し、国家財政を圧迫していたため、鋼材の自国生産が不可欠だったのである。1901年の官営製鐵所の操業開始は、日本の鉄鋼生産技術がより重要な段階に移行し始めたことを示している。
官営八幡製鐵所の建設と操業開始に当たっては、当時最新の西洋技術が導入され、ドイツからの技術者や職長が招聘された。また、高炉の操業に際しては、釜石鉱山田中製鐵所の熟練作業者が応援のため、派遣された。
1901年2月に第一高炉に火入れが行われ、次いで平炉、ベッセマー転炉及び中板工場、小型工場、中形工場、軌条工場や圧延工場も作業を開始。主要な技術や設備はドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ(GHH.)社から導入されたが、当初、高炉が所期の能力を発揮できないこともあり、資金が枯渇し、高炉は1902年、休止を余儀なくされた。1904年、日露戦争が勃発し、急遽、高炉の再稼働を試みたが、火入れに失敗。日本の技術者の手で設計を見直し改造を施すと共に、品質の優れたコークスの製造可能な新しいコークス炉が竣工したこともあり、3ケ月後には第三次の火入れに成功した。その後、製鐵所は、拡張工事を行うことにより、当初案の鋼材生産量年間60,000トンに対し、1910年の鋼材年産は150,000トンを超えるものになった。
日本初の銑鋼一貫製鉄所となった官営八幡製鐵所は、その後、独自に拡張工事を逐次行なったが、これらは、日本の重工業への移行の始まりを示している。また19世紀末において大規模なドイツの高炉や製鋼の技術が日本へ成功裏に導入されたことを体現したものと言えよう。

旧本事務所(きゅう ほんじむしょ)

旧本事務所(きゅう ほんじむしょ)

官営八幡製鐵所創業2年前の1899年に竣工した初代本事務所は、中央にドームを持つ左右対称形の赤煉瓦建造物で、長官室や技監室、外国人顧問技師室などが置かれた。

修繕工場(しゅうぜんこうじょう)

修繕工場(しゅうぜんこうじょう)

1900年、製鐵所で使用する機械の修繕、部材の製作加工等を行う目的で、ドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ(GHH.)社の設計と鋼材を用いて建設された鉄骨建造物。その後、鋼材生産量の増大に伴って3回にわたって増築され、海外の技術導入から国産化に至る技術の発展過程を示しており、本ノミネーションを体現した建築物。また、修繕工場は現存する日本最古のスチール構造の建築物でもある。

旧鍛冶工場(きゅう かじこうじょう)

旧鍛冶工場(きゅう かじこうじょう)

1900年に、製鐵所建設に必要な鍛造品の製造を行う目的で、修繕工場と同様、ドイツのGHH.社の設計と鋼材を用いて建設された鉄骨建造物。製鐵所の拡張工事により増築され、その後、1917年に現在地へ移築されるとともに製品試験所になった。

上記の構成資産は一般公開されていません。写真協力:新日鐵住金(株)八幡製鐵所
官営八幡製鐵所
文化財指定: 景観重要建造物
所在地: 〒805-0057 福岡県北九州市八幡東区大字尾倉他
Tel: なし
問合せ先は
北九州市世界遺産登録推進室:093-582-2922
Fax: なし
北九州市世界遺産登録推進室:093-582-2176
アクセス: 最寄駅:JRスペースワールド駅
駐車場: なし
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。