Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

三池港

  • 三池港の航空写真。三池港の独特なハミングバード(ハチドリ)の形状とデザインは、有明海東部へに続く航路によって巨大な地形を形作りました。この長い航路は5.5メートルの干満の差を克服し、船舶の移動を円滑、安全にさせるために必要でした。
  • 三池港のスルースゲートシステム
  • 三池港のスルースゲートシステム
  • 水圧式エンジン
  • 三池港閘門。有明海は遠浅のため干満の差が5.5メートルもあったことから1908年に閘門を設置し引き潮でも5.5メートルの水深を保つことができるようになりました。満潮の時には11メートルの水深にもなりました。
  • 三池港の設計図。干満の差に対応する水圧可動式閘門とドック、南側と北側を防波堤で守られた内港、南北の突堤と航路などから成り立っています。
  • 団琢磨(1858 年-1932年)は,日本の技術者で,三池炭鉱の管理者であり,後に三井財閥の総帥となりました。彼はイギリスのデービーポンプと巻揚機を導入し,三池炭鉱を世界でもトップクラスの炭鉱に引き上げました。
三池港の航空写真。三池港の独特なハミングバード(ハチドリ)の形状とデザインは、有明海東部へに続く航路によって巨大な地形を形作りました。この長い航路は5.5メートルの干満の差を克服し、船舶の移動を円滑、安全にさせるために必要でした。 三池港のスルースゲートシステム 三池港のスルースゲートシステム 水圧式エンジン 三池港閘門。有明海は遠浅のため干満の差が5.5メートルもあったことから1908年に閘門を設置し引き潮でも5.5メートルの水深を保つことができるようになりました。満潮の時には11メートルの水深にもなりました。 三池港の設計図。干満の差に対応する水圧可動式閘門とドック、南側と北側を防波堤で守られた内港、南北の突堤と航路などから成り立っています。 団琢磨(1858 年-1932年)は,日本の技術者で,三池炭鉱の管理者であり,後に三井財閥の総帥となりました。彼はイギリスのデービーポンプと巻揚機を導入し,三池炭鉱を世界でもトップクラスの炭鉱に引き上げました。

20世紀において、三池炭の輸出を支えた物流インフラ。マサチューセッツ工科大学に留学し、西洋技術を学んだ三井財閥の団琢磨の主導により、三池炭を大型船に積載し国外へ輸出するために1908年に築港。はばたく鳥のようなハミングバード(はちどり)の形状を保ち、遠浅の有明海からもたらされる砂泥の影響を克服するために設けられた長大な防砂堤、潮待ちの内港、潮位差を解消するための閘門を備えた船渠などの港湾施設が計画的に配置され、現在も重要港湾として機能している。三井の団琢磨一行は港湾の開発に先駆け世界中の石炭積み出し港を視察に行き、日本人技術者の手で、世界の例を参考に自然の条件の厳しい有明海に珠玉の名港と呼ばれる三池港を築造。プリマス港を模して護岸を作り、また閘門関連施設はイギリスのテムズシビルエンジニアリング会社にオーダーメードで発注したもの。団琢磨の名をとったダンクロローダーというコールローダーは残っていないが、臨港地区には三池港築港時の歴史的な港湾関連施設が一部残されている。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
三池港
文化財指定: 景観重要建造物
所在地: 大牟田市新港町
Tel: 0944-41-2515 (大牟田市企画総務部 世界遺産登録・文化財室)
Fax: 0944-41-2552 (大牟田市企画総務部 世界遺産登録・文化財室)
入館料: ふ頭閘門等稼動施設は非公開
島鉄高速船乗り場前広場から随時見学可能
アクセス: 大牟田駅西口から西鉄バス「三池港」行き10分
三池港終点下車すぐ
駐車場: 島鉄高速船乗り場前広場にあり
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。