Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

三池炭鉱

  • 三池炭鉱宮原坑第二竪坑櫓
  • 三池炭鉱専用鉄道敷から眺めた宮原坑。1898年に操業を開始し、1931年に操業を終えました。
  • 宮原坑の巻き揚げ機。排水のために使われ、1933年に電化されましたが1948年に現在のものと取り換えられました。
  • 三池炭鉱万田坑。19メートルの鉄鋼製櫓は2009年に保存修理が実施されました。鋼材は英国のドーマンロング社から主に輸入され、同社製の鋼材は九州の鉄道線路にも使われていました。
  • 万田坑の換気用扇風機。1910年頃。
  • 万田坑や周辺の炭坑で採掘された石炭は、直接荷積みされ,三池港の貯炭場に運ばれました。
  • 三池炭鉱専用鉄道敷。
三池炭鉱宮原坑第二竪坑櫓 三池炭鉱専用鉄道敷から眺めた宮原坑。1898年に操業を開始し、1931年に操業を終えました。 宮原坑の巻き揚げ機。排水のために使われ、1933年に電化されましたが1948年に現在のものと取り換えられました。 三池炭鉱万田坑。19メートルの鉄鋼製櫓は2009年に保存修理が実施されました。鋼材は英国のドーマンロング社から主に輸入され、同社製の鋼材は九州の鉄道線路にも使われていました。 万田坑の換気用扇風機。1910年頃。 万田坑や周辺の炭坑で採掘された石炭は、直接荷積みされ,三池港の貯炭場に運ばれました。 三池炭鉱専用鉄道敷。

三池炭鉱は高島炭鉱に次いで西洋技術を導入し、国内で二番目に近代化を果たした炭鉱であり、明治日本の産業革命の完成期を顕す石炭産業遺産である。官営時代に高島炭鉱の外国人技師が西洋技術の導入に貢献し、三井買収後も積極的に機械力を導入することにより発展を遂げた。産炭施設並びに物流システムが一体となった産業景観が現在も残されている。

宮原坑(みやのはらこう)

1889(明治22)年に、三井が三池炭鉱を明治政府から払い下げを受けた後、三池炭鉱の坑内排水を主目的として初めて開削を行った坑口が宮原坑である。三井の団琢磨(だんたくま)は、1898(明治31)年に宮原坑第一竪坑(主に揚炭・入気)、1901(明治34)年、第二竪坑(主に人員の昇降・排気)を開削。当時世界でも最新のデビーポンプを導入、深さ約160メートルの竪坑から坑内水を汲み上げ、坑内排水を行った。これにより宮原坑は明治から大正にかけ年40万から50万トンの石炭を出炭、三池炭鉱の主力坑口として産業化を牽引した。三池集治監(今の刑務所)に収監されていた囚人の労働力を使い、その厳しい労働から別名「修羅坑」とも呼ばれた。
現在、産炭施設の遺構として残っている現存する第二竪坑の櫓は、高さ22m、イギリスから輸入された鋼材を使用し、2基のケージ(昇降機)を備えていた。当初は蒸気力で巻揚機を動かしていたが、後に電動モーターに切り替え、現在のモーターは1933(昭和8)年製で万田坑から持ってきたもの。煉瓦造の巻揚機室は一見平屋建てのように見えるが1階部分は埋め殺して巻揚機のアンカー(基礎)となっている。坑内排水に威力を発揮したデビーポンプであるが設備の更新により撤去され、現在はポンプ室の壁の一部が残り、かつての機能を証明している。1930(昭和5) 年、坑内での囚人労働が禁止され、翌年、宮原坑も閉坑となりあわせて三池刑務所(元三池集治監)が閉庁、熊本刑務所に合併された。施設は順次規模を縮小、その後も、第二竪坑は坑内水の汲み上げや定期点検に使用され、1997(平成9)年三池炭鉱閉山後も2000(平成12)年まで坑内点検のために稼働していた。その後、竪坑はコンクリートの蓋で閉塞されている。

万田坑(まんだこう)

万田坑は宮原坑に次いで開削された、明治後期から昭和中期にかけて三池炭鉱の主力坑口であった。宮原坑同様、採炭休止後も1997(平成9)年の三池炭鉱閉山まで坑内点検のために稼働していた。現在は第二竪坑跡と鋼鉄製の櫓、煉瓦造の巻揚機室、旧扇風機室及び機械室など人馬昇降及び坑内排気機能を担った明治後期の建造物群が現存する他、第一竪坑関連施設の建造物はほぼ解体されたものの、竪坑櫓、巻揚機室の基礎、デビーポンプ室の一部が遺構として現存する。この他にも、選炭場跡、汽罐場跡、煙突基礎、沈殿池、排水池、山ノ神跡等、採炭システムを理解するための一連の構造物が建造物または地下遺構として現存している。
また、巻揚機室には、動力の変更(蒸気力から電力)による設備更新が行われているものの、外国製の機械(ジャックエンジン、ウインチ)や地元の三井三池製作所製の機械(巻揚機)がほぼ当初の状態で残っており、文献資料より日本製のほか、外国製(イギリス、ドイツ、アメリカ、スイス)の最新の機械設備投資が行われたことが窺える。

専用鉄道敷跡(せんようてつどうじきあと)

三池炭鉱の各坑口と積出港とを結ぶ専用鉄道は、石炭や資材の運搬、製品、原材料など産業物流のために建設された。鉄道本線は大牟田の市街地を馬蹄形に囲み、そこから枝分かれした支線が荒尾と大牟田市内に所在する三池炭鉱の主要な坑口と工場・社宅等を結び、三池炭やその他の産業用の物資を輸送する物流システムを形成した。
官営時代三池鉱山局は1878(明治11)年、大浦坑と大牟田川河口に馬車鉄道を建設。三井は払い下げを受けた後、本格的な鉄道設計を開始。1891(明治24)年大牟田川河口の横須浜~平原(七浦坑)が開通。1897(明治30)年には九州鉄道(現在のJR鹿児島本線)と直結。その後、南に延伸し1905(明治38)年には三池港までつながった。1909(明治42)年に電化工事に着手、1937(昭和12)年には全線が電化した。
最盛期には総延長150kmにもおよび、一時期は一般旅客も取り扱い、人員乗降用の駅も設置された。三池炭鉱閉山後は、大部分が廃止されたが、一部路線が今も現役であり、工場とJR鹿児島本線間で化学工場の原材料運搬に使われている。かつて使用されていた蒸気機関車は現存していないが、電気機関車(20-B3両、45-B2両)が一部現役で稼働中。
現在、廃止区間のレールは撤去されているが、路床には枕木が残り、煉瓦造の橋梁や橋台、土地を造成した切土や盛土が現存し、当時の鉄道の運行を想起させる連続した物流インフラの歴史的空間が残されている。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
三池炭鉱 万田坑
文化財指定: 国指定史跡
国指定重要文化財
所在地: 〒864-0001 熊本県荒尾市原万田200番地2(万田坑ステーション)
Tel: 0968-57-9155 (万田坑ステーション)
Fax: 0968-57-9156 (万田坑ステーション)
入館料: 万田坑:大人410円、高校生300円、小・中学生200円 万田坑ステーション:無料
開館時間 9時30分~17時 (有料区域の入場は16時30分まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日 ただし、12月21日までは毎月最終月曜日以外は臨時開館)
年末年始(12月29日から1月3日まで)
アクセス:
  • 国道208号線万田西交差点から東へ県道荒尾・南関線に入り約2km、県道の左側
  • JR荒尾駅から車で約10分
  • 国道208号線万田西交差点から車で約5分
  • 民間バス:万田坑前下車徒歩で約1分
駐車場: 有(大型バス5台、中型バス3台、乗用車72台駐車可能)
関連サイト: 荒尾市ホームページ
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。
三池炭鉱 宮原坑
文化財指定: 国指定史跡
国指定重要文化財
所在地: 〒836-0875 福岡県大牟田市宮原町1丁目86-3
Tel: 0944-41-2515 (大牟田市企画総務部 世界遺産登録・文化財室)
Fax: 0944-41-2552 (大牟田市企画総務部 世界遺産登録・文化財室)
入館料: 無料
開館時間: 10時~17時
休館日: 年末年始
アクセス:
  • 大牟田市街から勝立方面へ旧早鐘踏切右折徒歩7分
  • 大牟田駅バス停から西鉄バス勝立方面へ早鐘眼鏡橋バス停下車徒歩8分
駐車場: 大型車5台、普通車57台駐車可能。臨時駐車場もあり。
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。
三池炭鉱 専用鉄道敷跡
文化財指定: 国指定史跡
景観重要建造物
所在地: 大牟田市、荒尾市
Tel: 0944-41-2515 (大牟田市企画総務部 世界遺産登録・文化財室)
0968-63-1681 (荒尾市教育委員会 世界遺産推進室)
Fax: 0944-41-2552 (大牟田市企画総務部 世界遺産登録・文化財室)
0968-62-1218 (荒尾市教育委員会 世界遺産推進室)
ビューポイント: ポイント 現在運行中の電気機関車は、宮浦石炭記念公園等、外部から随時見学可能
アクセス: 大牟田駅から徒歩15分
荒尾駅から徒歩10分
駐車場: 宮浦石炭記念公園駐車場を利用
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。