Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

遠賀川水源地ポンプ室

  • 遠賀川水源地ポンプ室
  • 内部に設置された電動ポンプ。1950年代に設置されました。今でも八幡製鐵所に必要な約3割の工業用水を送水しています。
  • 遠賀川水源地ポンプ室
  • 遠賀川水源地ポンプ室には、8つの蒸気機関で動く300馬力のポンプが4台設置されていました。イギリスから輸入されたもので、1950年代まで稼働していました。
遠賀川水源地ポンプ室 内部に設置された電動ポンプ。1950年代に設置されました。今でも八幡製鐵所に必要な約3割の工業用水を送水しています。 遠賀川水源地ポンプ室 遠賀川水源地ポンプ室には、8つの蒸気機関で動く300馬力のポンプが4台設置されていました。イギリスから輸入されたもので、1950年代まで稼働していました。

製鐵所第一期拡張工事に伴う工業用水を確保するために、八幡から11.4km離れた遠賀川沿いに設置された取水・送水施設で1910年に操業を開始。外観は明治建築の典型的な煉瓦建造物であるが、動力を蒸気から電気に変え、ポンプも一新して、現在も重要設備として稼働している。

遠賀川水源地ポンプ室は一般公開されていません。
写真協力:新日鐵住金(株)八幡製鐵所
遠賀川水源地ポンプ室
文化財指定: 景観重要建造物
所在地: 〒809-0033 福岡県中間市土手ノ内一丁目3番1号
Tel: 中間市世界遺産推進室:093-245-4665
Fax: 中間市世界遺産推進室:093-244-1113
アクセス: 最寄駅:JR筑前垣生駅、筑豊電鉄希望が丘高校前駅
駐車場: なし
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。