Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

萩反射炉

  • 萩反射炉
  • 萩反射炉
  • 萩反射炉古写真(1921年)
萩反射炉 萩反射炉 萩反射炉古写真(1921年)

幕末、海防の危機感から大砲鋳造のため全国各地に建設された反射炉十一基の内、現存する三つの反射炉の一つ(他は鹿児島と韮山)。海防上の重要拠点を統治した萩(長州)藩は、オランダ陸軍将校ヒュゲニン少将の著作「ルイク国立鋳造所における鋳造法」の情報を元に佐賀藩が建設した反射炉を模倣し、1856年、独力で試作的に反射炉建設に挑んだ。西洋科学への試行錯誤の取り組みを象徴する遺構。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
萩反射炉
文化財指定: 国指定史跡
所在地: 〒758-0011 山口県萩市大字椿東4897-7
Tel: 0838-25-3139(萩市観光課)
Fax: 0838-26-0716(萩市観光課)
入館料: 無料
開館時間: 常時公開
休館日: 年中無休
アクセス:
  • 萩市から島根県に走る国道191号沿い右側
  • JR東萩駅から車3分
  • 萩/石見空港から車60分
  • 萩循環まぁーるバス[東回りコース(松陰先生)] 萩しーまーと下車徒歩3分
駐車場 有(バス4台、乗用車10台)
関連サイト 萩市公式ホームページ
※入館料、開館時間、休館日などは予告なく変更になる場合がありますので、現地にご確認ください。