Top
明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

三重津海軍所跡

  • 三重津海軍所は1861年に建設され、現存する日本で最も古いドックです。2009-2012年、発掘調査されました。正面部の木組は側面の柱に固定され、また全体の構造も内壁にしっかりと支えられて、完全な状態で残っていました。
  • 三重津海軍所跡の全景。
  • 三重津海軍所跡の木組護岸遺構。
  • 三重津海軍所跡の断面図。
  • 1850年代の絵図で、早江津川沿いにある三重津海軍所を描いたものです。有明海口から6キロ上流にあり、九州西部への海上アクセスには非常に便利な立地でした。しかし、河口に近い立地のため,喫水線の浅い船舶しか利用できませんでした。
三重津海軍所は1861年に建設され、現存する日本で最も古いドックです。2009-2012年、発掘調査されました。正面部の木組は側面の柱に固定され、また全体の構造も内壁にしっかりと支えられて、完全な状態で残っていました。 三重津海軍所跡の全景。 三重津海軍所跡の木組護岸遺構。 三重津海軍所跡の断面図。 1850年代の絵図で、早江津川沿いにある三重津海軍所を描いたものです。有明海口から6キロ上流にあり、九州西部への海上アクセスには非常に便利な立地でした。しかし、河口に近い立地のため,喫水線の浅い船舶しか利用できませんでした。

幕府から長崎警備を任されていた佐賀藩は、幕府が設置した長崎海軍伝習所(遺構は現存していない)に多くの藩士を派遣し、洋式海軍創設と蒸気船運用のために、藩士の訓練を行っていた。長崎海軍伝習所から持ち帰った西洋技術の情報を基に、佐賀藩は有明海から北6Kmに位置する早津江川の河川敷に、1861年までに乾船渠を建造(同乾船渠は日本の技術で建造され、国内で現存する最古のものである)。
佐賀藩は、ここで外国から購入した洋式蒸気船の修理や藩士の訓練を行い、船舶に関する洋式技術の獲得と実践の拠点とした。

許可なく写真の複製、本文、内容の引用を固く禁じます。
三重津海軍所跡
文化財指定: 国指定史跡
所在地: 佐賀県佐賀市川副町大字早津江津
Tel: 0952-40-7105(佐賀市企画調整部世界遺産登録推進室)
FAX 0952-29-2095(佐賀市企画調整部世界遺産登録推進室)
見学料 無料
駐車場時間 4月~9月:09時~18時
10月~3月:09時~17時
定休日 年中無休
隣接する佐野常民記念館は、月曜日(月曜日は祝日・振替休日の場合は翌日)
アクセス <バス>
  • JR佐賀駅バスセンターから佐賀市営バス諸富・早津江線にて40分、佐野常民記念館入口バス停下車、徒歩で5分
  • 西鉄柳川より西鉄バス久留米沖新線にて30分、終点早津江バス停下車、徒歩で5分
駐車場 有(バス5台 乗用車50台)
関連サイト 佐野常民記念館ホームページ
佐賀県の三重津海軍所跡専用ホームページ
佐賀市役所ホームページ内三重津海軍所跡紹介の特設ページ