明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

PEOPLE

2017.11.07
Vol.26

世界とつながる町~"長崎のたから"を"世界のたから"へ~

田上 富久 氏

長崎市長

田上 富久 氏
プロフィール

昭和31年12月10日生

昭和55年10月 長崎市役所 入所

平成14年 4月 長崎市観光部観光振興課主幹

平成16年 4月 長崎市企画部統計課長

平成19年 4月 長崎市長就任

平成23年 4月 長崎市長再任(2期目)

平成27年 4月 長崎市長再任(3期目)

   

現在就任している主な役職

 日本非核宣言自治体協議会会長(平成19年4月~)

 平和首長会議副会長(平成19年4月~)

 長崎県市長会会長(平成21年4月~)

 全国市長会相談役(平成24年6月~)

――最初に明治日本の産業革命遺産の構想をお聞きになった際、どのようにお感じになりましたでしょうか?

 正直なところ、世界遺産とはずいぶんと大きな話だなと思いました。

2003年の3月にNPOによる「軍艦島を世界遺産にする会」が発足するという前史があります。そこで当時、長崎市観光部観光課主幹だった私は、軍艦島という観光資源に着目する仲間の一人として、2003年8月に野母崎で開催された「軍艦島フォーラム2003夏」に参加し、加藤康子さんと出会ったのです。「幕末から明治にかけて、わずか50年でアジアの経済大国日本の礎を築いた産業遺産群を世界遺産にしたい」というお話を伺いながら、加藤さんの、確信して進むエネルギーの大きさに圧倒されたことを覚えています。もちろん素晴らしい構想だと心を揺さぶられました。とはいえ、その時点での私は「そんなことが本当に実現するのだろうか?」と半信半疑だったのです。

――長崎市としては、どのような形で世界遺産登録活動にかかわられてきたのでしょうか?

 軍艦島を含む長崎の産業遺産をグループ化して、他県に点在する産業遺産と共に世界遺産登録を目指すシリアルノミネーションという発想を訊いた時も驚きました。世界遺産の対象となるのは、たとえば「金閣寺」のようにシンボリックな単体要素だと思い込んでいたものですから。

しかし日本ではシリアルでの登録に馴染みがなかったため、苦戦を強いられました。それだけに2009年の1月に萩市、北九州市、大牟田市、長崎市、唐津市、荒尾市、宇城市、鹿児島市の6県8市で「九州・山口の近代化産業遺産群」(のちに釜石市と伊豆の国市が加わり『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』と改名)として世界遺産暫定一覧表に記載された折には感慨もひとしおでした。地方公共団体が抱えるさまざまな問題と対峙し、国と相談しながら一つひとつクリアしていった加藤さんの対応力、行動力、忍耐力の賜物です。

2007年4月に私は長崎市長に就任し、翌年「世界遺産推進室」を立ち上げました。キャッチフレーズは「“長崎のたから”を“世界のたから”へ」。長崎の町が個性的で面白いというだけではなく、その個性は世界とつながることによって育まれたものであるというところが重要なのです。世界遺産推進室ではホームページで世界遺産について紹介するなど、市民のみなさんと共に取り組む構えを備えていきました。

2009年10月には、専門家委員会により「第三船渠」「旧木型場」「ジャイアント・カンチレバークレーン」「占勝閣」「小菅修船場跡」「高島炭坑」「端島炭坑」「旧グラバー住宅」という長崎エリアの8つの構成遺産候補が発表され、世界遺産登録を実現するための道のりがいよいよ本格的に始まったのです。

Backnumber>一覧へ
Vol.26
世界とつながる町~"長崎のたから"を"世界のたから"へ~

長崎市長

田上 富久 氏
Vol.25
「ICOMOS-TICCHI共同原則」の真価問われる"世界の実験場"~日本政府が推進する新たな保全へのチャレンジ~

ヘリテージ・モントリオール政策部長

ディヌ・ブンバル(Dinu Bumbaru )氏
Vol.24
忘れ難いS・スミス氏との激論の日々 ~異文化の中で出会った"なじみ深い19世紀の産業遺産"~

世界遺産コンサルタント

バリー・ギャンブル(Barry Gamble)氏
Vol.23
歴史や文化を継承することは、次世代の技術革新を生み出す~"使いながら残す"に道を開いた「明治日本の産業革命遺産」~

工学院大学常務理事

後藤 治 氏
Vol.22
シリアル登録方式の保全管理に新たな道を拓いた「明治日本の産業革命遺産」-- 今後の大きな課題は「記憶と理解を引き継ぐ人材研修」

ヘリテージ保全並びに世界遺産の専門家としてグローバルに活躍する国際コンサルタント

ダンカン・マーシャル(Duncan Marshall)氏
Vol.21
ジャイアント・カンチレバークレーンと小菅修船場跡の3Dデジタル・ドキュメンテーション

The Glasgow School of Art’s School of Simulation and Visualization、データ・アクイジション責任者

アラステア・ローリンストン 氏
Vol.20
3D Digital Documentation of the Giant Cantilever Crane and Kosuge Dock

Head of Data Acquisition at The Glasgow School of Art’s School of Simulation and Visualisation

Alastair Rawlinson
Vol.19
日本で注目される「産業遺産」

ヒストリカル・スコットランド、産業遺産担当責任者

マイルス・オグレソープ博士
Vol.18
Japan's Uplifting Industrial Heritage

Head of Industrial Heritage, Historic Environment Scotland, Edinburgh

Dr Miles Oglethorpe
Vol.17
「スコティッシュ・テン プロジェクト」によるデジタル文書化

ヒストリック・スコットランド

スコティッシュ・テン プロジェクト・マネージャー

リン・ウィルソン博士
Vol.16
The Scottish Ten Project

Scottish Ten Project Manager, Historic Environment Scotland, Edinburgh

Dr Lyn Wilson
Vol.15
富士山と韮山反射炉、2つの世界遺産を一望できる茶畑の丘 --次の夢は「子どものためのミニ反射炉」で体験学習

静岡県伊豆の国市長

小野 登志子 氏
Vol.14
Path to becoming a World Heritage Site

Pro-Provost and Chairman of Council of the Royal College of Art. Heritage advisor of Canal & River Trust for England and Wales.

Sir Neil Cossons
Vol.13
登録までの道のりと資産の今後を見つめて

ロイヤル・カレッジ・オブ・アート副学長・評議会議長

イングランド・ウェールズにおけるカナル&リバートラスト遺産顧問

ニール・コソン卿
Vol.12
正確な情報発信の中で、歴史を見つめるきっかけに

東京立正短期大学 学長

慶應義塾大学 名誉教授

工藤 教和 氏
Vol.11
「ものづくりの街・北九州」への愛着と誇り--"シビック・プライド"を呼び起こしてくれた世界文化遺産登録

北九州市長

北橋 健治 氏
Vol.10
世界遺産登録決定祝賀会レポート(@ドイツ・ボン)

2015年6月28日から7月8日まで、ドイツ・ボンにて第 39 回世界遺産委員会が開催され、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録が決定しました。

今回は、世界遺産登録決定祝賀会の様子をお伝えいたします。

<世界遺産登録の舞台裏>
Vol.9
使いながら保存する-「稼働遺産」の保存・活用に新たな道を拓く

阪神高速道路株式会社 取締役兼常務執行役員

(一般財団法人産業遺産国民会議 理事)

岡本 博 氏
Vol.8
港湾法の体系で、世界遺産の保全を担保する

静岡県副知事

難波 喬司 氏
Vol.7
近代化を切り拓いた長州ファイブと試行錯誤の痕跡を残す萩の資産

萩市長

野村 興兒 氏
Vol.6
日本の「ものづくり」「産業」の原点を伝える「明治日本の産業革命遺産」

東京地下鉄株式会社 代表取締役会長

安富 正文 氏
Vol.5
日本の近代工業化を石炭産業によって支えた三池エリア

大牟田市長

古賀 道雄 氏
Vol.4
国家、社会のため、広い視野と使命感を持って試行錯誤しつつ挑戦し続けた「明治の産業革命」の意義

文部科学省 生涯学習政策局 生涯学習総括官
前 内閣官房 内閣参事官

岩本 健吾 氏
Vol.3
「鉄は釜石から八幡へ」 近代製鉄発祥の地から誇り高き文化を伝える

釜石市長

野田 武則 氏
Vol.2
強く豊かな国家を目指して 薩摩藩主島津斉彬が築いた『集成館』

一般財団法人産業遺産国民会議 理事

島津興業 相談役

島津 公保 氏
Vol.1
産業国家日本の原点 『明治日本の産業革命遺産』を次世代へ

「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会 会長/鹿児島県知事

伊藤 祐一郎 氏