明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

PEOPLE

2017.06.06
Vol.19
歴史や文化を継承することは、次世代の技術革新を生み出す~"使いながら残す"に道を開いた「明治日本の産業革命遺産」~

工学院大学常務理事

後藤 治 氏
後藤 治 氏

■幕末か、明治期か--登録実現に向けて“2つの選択肢”を提示

--こうした“前史”を経て動き出した「明治日本の産業革命遺産」のユネスコ世界遺産登録に向けての取り組みですが、先生はどのような役割を果たされたのでしょうか? 

 最初にお話を伺ったのはいつだったでしょうか。加藤さんと鹿児島の尚古集成館の島津公保社長(当時)がご相談に訪ねてこられたんです。恐らく、この時点で加藤さんにはもう「日本でも産業遺産を世界遺産にできる」という勝算はあったのだろうと思いますね。加藤さんは海外の事例も熟知していたし、海外の専門家とも交流をお持ちでしたから。ただ、問題はこれをどのように実現にもっていくか。これも想像ですが、加藤さんの中では「どのような筋書きを立てても、尚古集成館は登録資産に入れることはできるだろう」と考えておられた。後は、ストーリー作りですよね。当時、文化庁も地方から声を上げれば、それをベースに世界遺産の暫定リストに載せようではないか、と言い始めたタイミングでした。それで、私のところに相談に来られたわけです。

 その時に私が申し上げたのは「ストーリーとしては2つある」というサジェスチョンです。1つは、幕末・維新期の物だけに限定する方法。もう1つは、もう少し時間軸を長く取って、幕末つまり日本で産業革命が起きる少し前から、20世紀初頭の日本が産業のトップに躍り出るまで幅広に見る方法。どちらにもメリット・デメリットがあるのですが、私はどちらがいいとも言える立場にはないので、とにかくその2つがあるのではと申し上げました。

--メリット・デメリットとは、具体的にはどういうことだったのでしょうか?

 メリットとしては、国内的には前者を選んだほうが圧倒的に理解も支援も得られるだろう。けれども、加藤さんならおわかりの通り、世界的には後者のほうが求められるだろう。というのは、幕末という視点はあくまでも日本のインナーヒストリーに留まってしまいますが、後者で捉えると世界史的な意味を持ってくるからです。

 もう1点、地域から声を上げるという観点で言うと、前者では鹿児島、山口など、ほとんど“薩長連合”の地域内に限定されてしまいます。後者であれば、関連資産がある他の九州各県にも広げることができる。つまり、日本のそれまでの世界遺産登録活動にはなかった、広い地域を巻き込む活動が展開できるのではないか。研究者としての客観的な視点から、このように申し上げました。

 ちょうど九州新幹線の開通が目前に見えてきた時期でしたし、「産業革命遺産」にすれば、その多くが“九州新幹線オン・ザ・ライン”で行けるという背景もありました(笑)。だから、そんな考え方もあるのではないか、とアドバイスさせていただいたわけです。

--本当にとっかかりのお話ですよね。結果的には、後藤先生がこの時におっしゃった方向になりました。

 その後、当時の伊藤祐一郎・鹿児島県知事のところにも加藤さんと一緒に伺い、そのようなお話をさせていただきました。鹿児島県庁でもいろいろな方向性を検討されたわけですが、最も地元にメリットのある「幕末」にこだわることなく、現在の形に道を開かれた伊藤知事の見識と決断は賞賛に値すると思います。

--その後の大きな山場が、世界遺産の暫定リスト入りを目指した文化庁の審議会ということになります。

 具体的な流れで言うと、各地域から候補として名乗りを上げたいくつかの候補をテーマごとに仕分けして、専門のワーキンググループ(WG)で中身を検証する作業がまずあります。私は当時、近代に関するWGのメンバーの1人だったのですが、既に近代のものでは富岡製糸場が暫定リストに掲載されていて、同じ時期に上がってきたものに佐渡金山、富山の砂防ダム、足尾銅山などがあり、それらの中からどれを暫定リストに入れる候補にするか、専門家で検討したわけです。

 当初、「明治日本の産業革命遺産」はかなり異質の候補と言えました。他の候補は県または市町村レベルで上がってきた“単体”の候補だったのに対して、これだけは九州知事会からあがってきた。かなり広域な資産構成になっていましたから、当時の文化庁としては違和感を持ったのもやむを得ない面もあったと思います。

--その結果、いったんは物の見事に却下されてしまう(笑)。

 確かに当初は文化庁関係者から冷ややかな受け止め方をされていたのは事実ですが、WGの委員の皆さんの多くは、近代史が専門の先生ですから、ご理解をしていただくようになるまでさほど時間はかからなかったと思います。実際、順位としては佐渡金山に次ぐ扱いになりましたから。

 ただ、それから先は大変な面もありました。当時の文化庁の考え方では暫定リストに入れても本当に候補として推薦するには構成資産は国指定の文化財になっていることが条件でした。ところが、集成館などを除けば、ほとんどの資産がそうでないものばかり。ですから、暫定リストに載せることはできたものの、「これではとても世界遺産登録は無理」といった空気もありました。

当時あった意見の1つが、「もっと小分けにすべきだ」というものです。すでに富岡製糸場が暫定リストに載っていたこともあり、製鉄なら製鉄、炭坑なら炭坑で別々にリスト化すべきではないか、というわけです。これはこれで1つの見解ですが、これではアジアの中でいち早く近代化を果たした世界史的意味が薄れてしまいます。

--多くの反対論がある中で、先生はこの点を強調されて戦われたということですね。

 いえいえ、必ずしも戦ったというほどではないですよ(笑)。グローバルな視点で、海外の人たちから見た日本の近代史の意味、意義をどう訴えるか。日本史、近代史の先生方は皆さん、こうした考え方をすぐにご理解し、賛同してくださいました。

もう1点、私が訴えたのは、日本だけに残っている現役稼働資産の希少性です。この時の委員会の場ではあまり評価はされませんでしたが。欧米で世界遺産となっている産業遺産は、かつては欧米の主力産業でしたが、その後、急速に力を付けた日本のライバル企業・産業にやられてしまって、今は産業が続いておらず、施設も稼働していません。反対に、日本では三菱重工長崎にしろ、新日鐵住金八幡にしろ、古い時代の生産設備が現在も“ライブ”でそのまま稼働している。こうしたものは世界的にも貴重で、興味深い資産と言えるのではないか。そのような見方もお話ししました。

--なるほど。後からやって来た日本に競争で敗れた結果、欧米の先進国には当時の産業遺産はあるが、稼働資産はあまり残っていない。だから、価値がある。欧米の専門家がこの「明治日本の産業革命遺産」を高く評価する理由の1つがそこにあるわけですね。

 そういうことでしょうね。そうした歴史的価値を客観的、学究的に公平に評価される欧米の専門家の知見や見識は立派ですよね。

Backnumber>一覧へ
Vol.44
三角西港を作った先人の知恵、技術、行動力を子供たちの代へと継承していきたい~コロナ後も続く未来を見据えて今できることに全力で取り組む~

熊本県宇城市長

守田 憲史 氏
Vol.43
官営八幡製鐵所は「1枚の古写真」から世界遺産になった!~元日鉄マンが明かす、"登録前夜"のとっておきのエピソード~

元新日本製鐵株式会社社員

水口 政義 氏(みなくちまさよし)
Vol.42
外に向かって発信する「新しい地元学」を確立したい ~「釜石の誇り」から「日本・世界の中の釜石の誇り」へ!~

岩手大学理工学部 准教授

小野寺 英輝 氏
Vol.41
観光ガイド歴18年、あふれ出る"三角西港愛"~世界遺産登録はゴールではなく、新たな出発点~

三角西港観光ガイドの会 会長

齊藤 万芳 氏(さいとうまんぽう)
Vol.40
韮山反射炉とともに「刻」をきざむ~物産館&レストラン事業で"反射炉観光"の魅力度アップ~

株式会社蔵屋鳴沢 代表取締役社長

一般社団法人伊豆の国市観光協会会長

稲村 浩宣 氏
Vol.39
運命に導かれて軍艦島デジタルミュージアムを設立~明治日本の産業革命遺産の価値を広く深く伝えるために、自分にできることを始めて、続けて、やり切りたい~

軍艦島コンシェルジュ取締役統括マネージャー

軍艦島デジタルミュージアムプロデユーサー

久遠 裕子 氏
Vol.38
産業遺産の主役は「人」~世界遺産登録を経て再認識した故郷の素晴らしさ~

峠の茶屋 オーナー

小笠原 静子 氏
Vol.37
すべては長崎の経済発展のために~海運業の枠を超え、長崎の文化や産業遺産の歴史を伝承~

やまさ海運株式会社会長

やまさ海運株式会社社長

伊達 秀則 氏 伊達 昌宏 氏
Vol.36
釜石の奇跡と、震災を乗り越えて~世界遺産登録という大きなチャンス~

宝来館 女将

岩崎 昭子 氏
Vol.35
韮山反射炉とともに後世に伝えたい「850年の歴史資料」 ~待望の新・収蔵庫が完成、保存・修復・活用に弾み

公益財団法人江川文庫 代表理事

江川家42代当主

江川 洋 氏
Vol.34
不屈の開拓精神と先人のパワーで時代を切り拓いた歴史~後世へ受け継がれる希望と大きな力~

国民民主党長崎県連代表

高木 義明  氏
Vol.33
軍艦島は「地球と人類の未来への警告のメッセージ」~元島民ガイドが訴える想いと願い~

NPO法人軍艦島を世界遺産にする会 理事長

坂本 道徳 氏
Vol.32
「シンクロニシティー」が生んだ世界遺産登録という奇跡~想いの強さが志ある人々の共感を呼び起こした!~

エム・アイ・コンサルティンググループ株式会社 代表取締役

大上 二三雄 氏
Vol.31
日本の人達にパワーを~明治日本の産業革命遺産の使命~

渡辺プロダクショングループ代表・株式会社渡辺プロダクション名誉会長

渡邊 美佐 氏
Vol.30
産業遺産の歩みを"100年後を生きる人々"への希望に

参議院議員

平野 達男 氏
Vol.29
"21世紀の薩摩ステューデント"よ、未来を創れ!~旧集成館は鹿児島観光の情報発信拠点~

鹿児島県知事

三反園 訓 氏
Vol.28
各地域に着実に広がる「つながりあるストーリー」という意識~保全管理・インタープリテーションのあり方には課題も~

世界遺産コンサルタント

サラ・ジェーン・ブラジル(Sarah Jane Brazil)氏
Vol.27
《為せば成る為さねば成らぬ何事も》~人とつながるための勇気や行動力を~

特定非営利活動法人 九州・アジア経営塾 理事長兼塾長

株式会社SUMIDA 代表取締役

橋田 紘一 氏
Vol.26
「日本人として、世界に対して誇りを持って発信できる世界遺産」〜内閣官房・有識者会議の流れを決したジャーナリストの視点〜

ジャーナリスト、「下村満子の生き方塾」塾長

下村 満子 氏
Vol.25
クラシックカーが「明治日本の産業革命遺産」を走る!~2019年、九州で「ラリーニッポン」を開催~

一般財団法人ラリーニッポン 代表理事

小林 雄介 氏
Vol.24
着々と進む"世界遺産周遊ルート"の整備・振興 ~推進協議会、多彩なプロモーションで世界に向けて魅力発信!~

明治日本の産業革命遺産世界遺産ルート推進協議会会長

一般財団法人産業遺産国民会議理事

(九州旅客鉄道株式会社 相談役)

石原 進 氏
Vol.23
「遺産観光」の振興に向けたルート整備にいっそうの力を~忘れ難い故郷・呉への空襲と広島原爆の記憶~

一般財団法人産業遺産国民会議 代表理事

(公益財団法人資本市場振興財団 顧問)

保田 博 氏
Vol.22
世界とつながる町~"長崎のたから"を"世界のたから"へ~

長崎市長

田上 富久 氏
Vol.21
「ICOMOS-TICCIH共同原則」の真価問われる"世界の実験場"~日本政府が推進する新たな保全へのチャレンジ~

ヘリテージ・モントリオール政策部長

ディヌ・ブンバル(Dinu Bumbaru )氏
Vol.20
忘れ難いS・スミス氏との激論の日々 ~異文化の中で出会った"なじみ深い19世紀の産業遺産"~

世界遺産コンサルタント

バリー・ギャンブル(Barry Gamble)氏
Vol.19
歴史や文化を継承することは、次世代の技術革新を生み出す~"使いながら残す"に道を開いた「明治日本の産業革命遺産」~

工学院大学常務理事

後藤 治 氏
Vol.18
シリアル登録方式の保全管理に新たな道を拓いた「明治日本の産業革命遺産」-- 今後の大きな課題は「記憶と理解を引き継ぐ人材研修」

ヘリテージ保全並びに世界遺産の専門家としてグローバルに活躍する国際コンサルタント

ダンカン・マーシャル(Duncan Marshall)氏
Vol.17
ジャイアント・カンチレバークレーンと小菅修船場跡の3Dデジタル・ドキュメンテーション

The Glasgow School of Art’s School of Simulation and Visualization、データ・アクイジション責任者

アラステア・ローリンストン 氏
Vol.16
日本で注目される「産業遺産」

ヒストリック・スコットランド産業遺産政策責任者

マイルズ・オグリソープ博士
Vol.15
「スコティッシュ・テン プロジェクト」によるデジタル文書化

ヒストリック・スコットランド

スコティッシュ・テン プロジェクト・マネージャー

リン・ウィルソン博士
Vol.14
富士山と韮山反射炉、2つの世界遺産を一望できる茶畑の丘 --次の夢は「子どものためのミニ反射炉」で体験学習

静岡県伊豆の国市長

小野 登志子 氏
Vol.13
登録までの道のりと資産の今後を見つめて

ロイヤル・カレッジ・オブ・アート副学長・評議会議長

イングランド・ウェールズにおけるカナル&リバートラスト遺産顧問

ニール・コソン卿
Vol.12
正確な情報発信の中で、歴史を見つめるきっかけに

東京立正短期大学 学長

慶應義塾大学 名誉教授

工藤 教和 氏
Vol.11
「ものづくりの街・北九州」への愛着と誇り--"シビック・プライド"を呼び起こしてくれた世界文化遺産登録

北九州市長

北橋 健治 氏
Vol.10
世界遺産登録決定祝賀会レポート(@ドイツ・ボン)

2015年6月28日から7月8日まで、ドイツ・ボンにて第 39 回世界遺産委員会が開催され、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録が決定しました。

今回は、世界遺産登録決定祝賀会の様子をお伝えいたします。

<世界遺産登録の舞台裏>
Vol.9
使いながら保存する-「稼働遺産」の保存・活用に新たな道を拓く

阪神高速道路株式会社 取締役兼常務執行役員

(一般財団法人産業遺産国民会議 理事)

岡本 博 氏
Vol.8
港湾法の体系で、世界遺産の保全を担保する

静岡県副知事

難波 喬司 氏
Vol.7
近代化を切り拓いた長州ファイブと試行錯誤の痕跡を残す萩の資産

萩市長

野村 興兒 氏
Vol.6
日本の「ものづくり」「産業」の原点を伝える「明治日本の産業革命遺産」

東京地下鉄株式会社 代表取締役会長

安富 正文 氏
Vol.5
日本の近代工業化を石炭産業によって支えた三池エリア

大牟田市長

古賀 道雄 氏
Vol.4
国家、社会のため、広い視野と使命感を持って試行錯誤しつつ挑戦し続けた「明治の産業革命」の意義

文部科学省 生涯学習政策局 生涯学習総括官
前 内閣官房 内閣参事官

岩本 健吾 氏
Vol.3
「鉄は釜石から八幡へ」 近代製鉄発祥の地から誇り高き文化を伝える

釜石市長

野田 武則 氏
Vol.2
強く豊かな国家を目指して 薩摩藩主島津斉彬が築いた『集成館』

一般財団法人産業遺産国民会議 理事

島津興業 相談役

島津 公保 氏
Vol.1
産業国家日本の原点 『明治日本の産業革命遺産』を次世代へ

「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会 会長/鹿児島県知事

伊藤 祐一郎 氏