明治日本の産業革命遺産
JAPANESE  ENGLISH

PEOPLE

2018.10.23
Vol.29
"21世紀の薩摩ステューデント"よ、未来を創れ!~旧集成館は鹿児島観光の情報発信拠点~

鹿児島県知事

三反園 訓 氏
三反園 訓 氏

■英国マンチェスター市等と友好協定、若者たちの人材交流を推進

加藤:集成館は「モノづくり国家・ニッポンの原点」ですからね。それにも関連しますが、三反園知事は最近、いわゆる「薩摩ステューデント」の復活に力を入れて取り組んでおられるそうですね。

三反園:はい、そうなんです。薩摩ステューデントは、薩英戦争に敗れた薩摩藩がイギリスの技術や社会の仕組みを学ばせようと、国禁を犯して留学生として送り込んだ15人の若き薩摩藩士のことで、その引率者の一人はNHKの朝ドラで一躍有名になった五代友厚です。

 この先例にならって、県では今年度、「明治維新150周年記念 薩摩ステューデント派遣事業」と名付けた国際交流事業を企画し、7月に県内から選抜した15人の高校生をイギリスに派遣しました。現地では、かつての薩摩ステューデントが留学したロンドンの大学を訪ねて、今も残されている彼らの成績簿を見せてもらったり、マンチェスター市では当時の紡績機械を見学したりと、幕末の薩摩ステューデントの足跡に触れて来てもらいました。未来を担う若い高校生たちにいろいろなことを経験する機会を提供しようという狙いです。

加藤:忘れられない経験になったことでしょうね。私も繊維の街として繁栄したマンチェスターに行ったことがあるのですが、往時の紡績工場などの産業遺産をヒストリカル・モニュメントとして今の街づくりに生かしていて、とても趣のある素敵な街ですよね。

 実は集成館にも、富岡製糸場よりも早く西洋の繊維技術を取り入れた紡績工場があったんですよね。その意味では、マンチェスターと鹿児島は繊維産業についてもつながりがあるわけですね。

三反園:まさに薩摩ステューデントがつないだご縁なのですよ。私も先般、マンチェスター市やロンドン市カムデン区を訪ねて市区長さんとお会いし、「明治150周年」を記念して両市区と友好協定を結びました。若い人たちの人的交流を積極的に進めていくことで合意して、具体的な事業内容の検討を始めたところです。

加藤:素晴らしい取り組みですね。今から成果が楽しみです。これを機に、イギリス-鹿児島間の直行便も開設したいものですね。イギリスには薩摩のことが好きな人たちが結構いるので、チャンス到来じゃないですか(笑)。

三反園:そうですね、直行便を飛ばしてくれるエアラインがあれば大歓迎なんですが……。イギリスでは、温州みかんのことを「Satsuma」と呼ぶんだそうですよ。

加藤:私が聞いたところによると、薩英戦争の賠償交渉の時に日本産みかんを「サツマ」と呼ぶようになったらしいですよ。

 私、この間、カナダのオタワで講演させていただいたんですが、講演が終わった後である中国人留学生が近づいて来て、「僕は薩摩人になるのが夢なんです」って言ったんですよ。「日本人」ではなくて、「薩摩人」って言ったから、ビックリしました(笑)。それくらいに世界中で「薩摩」は知られているんです。

三反園:それは有り難い話ですね。

加藤:薩摩は日本の近代史そのものですから。知事にはもっともっと頑張って薩摩のことをPRしていただいて、薩摩の知名度を高めてほしいと期待しています(笑)。

三反園:ご案内のように、県では現在、国や沖縄県と共同で「奄美大島、徳之島、沖縄北部及び西表島」をユネスコ世界自然遺産に登録しようと活動しています。今年のIUCN(世界自然保護連合)では「記載延期」勧告を受けましたが、県では引き続き、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年の登録実現を目指して努力を続けています。

加藤:これが実現すれば、「明治日本の産業革命遺産」と「屋久島」と「奄美群島」と世界遺産が3つになる。こんな地域は他にはないですよね。

三反園:少なくとも世界自然遺産が2つある地域は、本県が初めてということになります。当初の目論見よりは遅れる結果になりましたが、東京五輪の時に実現すれば、かえってインパクトがあるかもしれない。そう考えて、気合いを入れ直しているところです。

加藤:そうなれば、さらにインバウンド効果も期待できるようになりますね(笑)。 

三反園:安倍政権は観光振興、そして農産品や水産品の輸出振興に力を入れて取り組んでいるわけですが、このことは観光資源だけでなく、農林畜産資源・水産資源にも恵まれた本県にとってはまたとない追い風になっています。

 「明治日本の産業革命遺産」などの歴史文化遺産や「屋久島」,「奄美」の自然遺産に加えて、温泉もたくさんあるし、ブリ、カンパチ、ウナギの生産量は日本一、かごしま黒豚もあれば、日本一の鹿児島黒牛もある。農業産出額は全国第3位。これだけ「食に関する日本一」がたくさんある県は他にありません(笑)。その意味で、本当に「価値のある県」なんだと自負しています。観光によるインバウンド効果をバネに、こうした豊かな農産物、水産物の輸出もさらにどんどん増やしていきたいと考えています。

加藤:確かに今、世界では「Wagyu」で通じるようになっていますよね。この前、ワシントンDCのレストランのメニューに「Wagyu」と出ていて、さすがに驚きました(笑)。

三反園:それが日本産かどうかはわかりませんけどね。オーストラリアでは世界的な和牛人気に乗じて、和牛をブランド化して「オーストラリア産和牛」の輸出に力を入れています。鹿児島県はそのオーストラリアに初めて、正真正銘の「鹿児島産和牛」を輸出したんです。世界に輸出している日本産和牛の多くが本県産なんですよ。北米でも、香港、台湾でもそうなんです。価格は確かに高いけれども、品質が全く違う。こうした高級肉を求める消費者層が世界中で着実に増えているということだと思います。

加藤:なるほど。牛肉なら高級和牛といったように、市場の最上位の部分にターゲットを絞ってその市場を制していくというのは、すごい戦略です。歴史的に見ても、薩摩は日本を変えるDNAを持っていると言えますね。

Backnumber>一覧へ
Vol.31
日本の人達にパワーを~明治日本の産業革命遺産の使命~

渡辺プロダクショングループ代表・株式会社渡辺プロダクション名誉会長

渡邊 美佐 氏
Vol.30
産業遺産の歩みを"100年後を生きる人々"への希望に

参議院議員

平野 達男 氏
Vol.29
"21世紀の薩摩ステューデント"よ、未来を創れ!~旧集成館は鹿児島観光の情報発信拠点~

鹿児島県知事

三反園 訓 氏
Vol.28
各地域に着実に広がる「つながりあるストーリー」という意識~保全管理・インタープリテーションのあり方には課題も~

世界遺産コンサルタント

サラ・ジェーン・ブラジル(Sarah Jane Brazil)氏
Vol.27
《為せば成る為さねば成らぬ何事も》~人とつながるための勇気や行動力を~

特定非営利活動法人 九州・アジア経営塾 理事長兼塾長

株式会社SUMIDA 代表取締役

橋田 紘一 氏
Vol.26
「日本人として、世界に対して誇りを持って発信できる世界遺産」〜内閣官房・有識者会議の流れを決したジャーナリストの視点〜

ジャーナリスト、「下村満子の生き方塾」塾長

下村 満子 氏
Vol.25
クラシックカーが「明治日本の産業革命遺産」を走る!~2019年、九州で「ラリーニッポン」を開催~

一般財団法人ラリーニッポン 代表理事

小林 雄介 氏
Vol.24
着々と進む"世界遺産周遊ルート"の整備・振興 ~推進協議会、多彩なプロモーションで世界に向けて魅力発信!~

明治日本の産業革命遺産世界遺産ルート推進協議会会長

一般財団法人産業遺産国民会議理事

(九州旅客鉄道株式会社 相談役)

石原 進 氏
Vol.23
「遺産観光」の振興に向けたルート整備にいっそうの力を~忘れ難い故郷・呉への空襲と広島原爆の記憶~

一般財団法人産業遺産国民会議 代表理事

(公益財団法人資本市場振興財団 顧問)

保田 博 氏
Vol.22
世界とつながる町~"長崎のたから"を"世界のたから"へ~

長崎市長

田上 富久 氏
Vol.21
「ICOMOS-TICCIH共同原則」の真価問われる"世界の実験場"~日本政府が推進する新たな保全へのチャレンジ~

ヘリテージ・モントリオール政策部長

ディヌ・ブンバル(Dinu Bumbaru )氏
Vol.20
忘れ難いS・スミス氏との激論の日々 ~異文化の中で出会った"なじみ深い19世紀の産業遺産"~

世界遺産コンサルタント

バリー・ギャンブル(Barry Gamble)氏
Vol.19
歴史や文化を継承することは、次世代の技術革新を生み出す~"使いながら残す"に道を開いた「明治日本の産業革命遺産」~

工学院大学常務理事

後藤 治 氏
Vol.18
シリアル登録方式の保全管理に新たな道を拓いた「明治日本の産業革命遺産」-- 今後の大きな課題は「記憶と理解を引き継ぐ人材研修」

ヘリテージ保全並びに世界遺産の専門家としてグローバルに活躍する国際コンサルタント

ダンカン・マーシャル(Duncan Marshall)氏
Vol.17
ジャイアント・カンチレバークレーンと小菅修船場跡の3Dデジタル・ドキュメンテーション

The Glasgow School of Art’s School of Simulation and Visualization、データ・アクイジション責任者

アラステア・ローリンストン 氏
Vol.16
日本で注目される「産業遺産」

ヒストリカル・スコットランド、産業遺産担当責任者

マイルス・オグレソープ博士
Vol.15
「スコティッシュ・テン プロジェクト」によるデジタル文書化

ヒストリック・スコットランド

スコティッシュ・テン プロジェクト・マネージャー

リン・ウィルソン博士
Vol.14
富士山と韮山反射炉、2つの世界遺産を一望できる茶畑の丘 --次の夢は「子どものためのミニ反射炉」で体験学習

静岡県伊豆の国市長

小野 登志子 氏
Vol.13
登録までの道のりと資産の今後を見つめて

ロイヤル・カレッジ・オブ・アート副学長・評議会議長

イングランド・ウェールズにおけるカナル&リバートラスト遺産顧問

ニール・コソン卿
Vol.12
正確な情報発信の中で、歴史を見つめるきっかけに

東京立正短期大学 学長

慶應義塾大学 名誉教授

工藤 教和 氏
Vol.11
「ものづくりの街・北九州」への愛着と誇り--"シビック・プライド"を呼び起こしてくれた世界文化遺産登録

北九州市長

北橋 健治 氏
Vol.10
世界遺産登録決定祝賀会レポート(@ドイツ・ボン)

2015年6月28日から7月8日まで、ドイツ・ボンにて第 39 回世界遺産委員会が開催され、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録が決定しました。

今回は、世界遺産登録決定祝賀会の様子をお伝えいたします。

<世界遺産登録の舞台裏>
Vol.9
使いながら保存する-「稼働遺産」の保存・活用に新たな道を拓く

阪神高速道路株式会社 取締役兼常務執行役員

(一般財団法人産業遺産国民会議 理事)

岡本 博 氏
Vol.8
港湾法の体系で、世界遺産の保全を担保する

静岡県副知事

難波 喬司 氏
Vol.7
近代化を切り拓いた長州ファイブと試行錯誤の痕跡を残す萩の資産

萩市長

野村 興兒 氏
Vol.6
日本の「ものづくり」「産業」の原点を伝える「明治日本の産業革命遺産」

東京地下鉄株式会社 代表取締役会長

安富 正文 氏
Vol.5
日本の近代工業化を石炭産業によって支えた三池エリア

大牟田市長

古賀 道雄 氏
Vol.4
国家、社会のため、広い視野と使命感を持って試行錯誤しつつ挑戦し続けた「明治の産業革命」の意義

文部科学省 生涯学習政策局 生涯学習総括官
前 内閣官房 内閣参事官

岩本 健吾 氏
Vol.3
「鉄は釜石から八幡へ」 近代製鉄発祥の地から誇り高き文化を伝える

釜石市長

野田 武則 氏
Vol.2
強く豊かな国家を目指して 薩摩藩主島津斉彬が築いた『集成館』

一般財団法人産業遺産国民会議 理事

島津興業 相談役

島津 公保 氏
Vol.1
産業国家日本の原点 『明治日本の産業革命遺産』を次世代へ

「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会 会長/鹿児島県知事

伊藤 祐一郎 氏